オフロードのバイクは災害時にも活躍します。

オフロードのバイクは、そもそも林道や河川敷などの荒れた路面を走るために開発されたバイクです。比較的軽量で、エンジンは多くの場合は排気量はさほど大きくないのですが、燃費などのバランスが考慮されている、タイヤが大口径のものです。

そもそも、荒れた道を走るためにつくられたのがオフロードバイクですから、例えば災害時などには非常に有効です。災害時には道路も荒れ、また、様々な障害物となるものが散乱しているようなケースが多く、通常のオンロードのものではとても走行できないというところも楽々と走破できるというのがその特徴です。

このように、いざという時に非常に頼もしいものであり、取り回しも軽いため扱いやすいというのが特徴なのです。
もちろん、オンロードのように高速走行を長時間するというような用途が大得意という訳ではないのですが、通常の使用においては問題があるものではありません。快適に、目的地である山や川などに向かうことは可能なのです。
そのスタイルも背が比較的高く、目立つ存在なので通常の道路や高速道路を走るときにも目立つ存在であることから、安全性も確保されるというメリットがあります。

自治体によっては災害時の緊急出動ができるようにオフロードバイクによる災害の先遣隊、つまり、災害直後に現地の様子をまずは確認する部隊、を用意しているところもあるほどで、それほど災害時には有用なものなのです。
このように災害時には自動車というものよりも小回りが利き、様々なところに乗り入れることが可能な二輪車というのはとても有用なのです。

これは、災害時は個人レベルにおいても自動車での避難は通常困難であり、また悪路になっていることから渋滞などでお互いに迷惑をかけることから自動車の批難は控えるべきとされている中、二輪車の活躍する場面というのが災害時は特に期待できるのです。

見とくべきサイト

スラリーポンプの相談は
{ラサ商事}で御社に適したものをご提案します

突然iPhoneの修理が必要になったら新宿へ
お電話での事前予約をした上でお越し下さい

車一括査定を探しているなら
買取アドバイスもある《一括査定.com》

中古車一括査定で違いが出る
買取業者が見ているのは