オフロードバイクのメンテナンスについて

通常の舗装がしてある道路を走るバイクを「ロードバイク」と言います。それに対して、「オフロードバイク」は舗装をしていない道を走るバイクです。アタックツーリングが有名です。道がないところを進んでいくのです。岩場を進むガレ場という遊び方など他にもいくつもあります。どれも、ロードバイクと比べてバイク本体に負担がかかるものばかりです。オフロードバイクのメンテナンスは、とても重要です。ほとんどが、自分で出来るメンテナンスばかりです。また、そのための用品が様々な種類置いてあるショップもあります。オフロードバイクは、乗るだけではなくメンテナンスも楽しめます。様々な物から必要な物を選んでいきます。そして「この世の中に一つしかないバイク」を作り上げていけます。自分らしくカスタマイズすることができるのです。この作業は、実際に「走る」ことと同じくらい楽しいものと愛好家たちは言います。メンテナンスを行えば、部品の寿命が延びるそうです。

高性能バイクであるスーパーカブに対するオフロード化

スーパーカブと申しますとかつては郵便や新聞の配達やそば屋や中華料理店の出前用ご近所の配達車両といったイメージが強かったバイクでありますが、某有名深夜番組では日本列島の縦断やベトナムの縦断といった大スケールな事を成し遂げ、スーパーカブの走行性能の優れた性能を目の当たりにする異なったのです。同番組ではアスファルト舗装されたと市街地の比較的平坦な道路のみならず、酷道と呼ばれる山間部の走行も行っており、街乗り用途に限らず。条件のよくない道路においてもスーパーカブはその高い性能を生かした走りを望める事がわかりこのバイクに対する認識を改めるに至ったのです。先に紹介した例では特にオフロード化改造やチューンナップを施すことなく走行行っていると思われるのでスーパーカブに対して山間部や悪路及び未舗装道路に対する装備を搭載するなどのオフロード化を施せば、オフロード用途にも応用できる可能性があるものと考えられます。

バイクで舗装路を走るメリットは何か

“バイクで舗装路を走るメリットは、たくさんあります。単純なこととしては、タイヤを傷めずに済むという点です。山道を走るとなると、いくら頑丈なタイヤを装備していたとしても、多少は傷をつけてしまいます。そこからタイヤがパンクをしてしまうということも考えられることから、できるだけ、舗装路を走った方が効率的です。
また、道路交通法に乗っ取る意味でも、舗装路を走るメリットはあると言えます。都会で生活をしている人の場合、ほとんどが舗装されている通りを走ることになります。山道を使う機会がないのであれば、都会向けの装備をした方がいいかもしれません。相応のタイヤを装備することによって、より一層、快適にバイクを乗りこなすことができるようになります。
最近は通学や通勤でバイクを利用するという人が増えてきています。都会でこそ、小回りが利きやすいという意味でバイクが重宝するものです。細くてきちんと整備された道を選び、渋滞を回避することもできます。”

アタックツーリング、安全に道なき道を行く。

“スリル満点が魅力のアタックツーリングとは、普通の道を走るのではなく山の中に入って行き、道なき道を進んでいくことです。時には危険が多く、崖から落ちることもあり、基本の知識がなければ何度も痛い目に遭います。主な装備はまずブーツ、転倒等や林道上にある木の枝や倒木等に触れて、怪我をするのを防ぐのが目的です。ヘルメットはオンロード用フルフェイスでも、ジェット型でもいいと思います。ゴーグルですが、どんなヘルメットにするかでゴーグルを使うか使わないかが決まってきます、ジェット型だと使用しない方のほうが多いかと思いますが、好みに分かれるようです。グローブはオフロード用を購入しなくても、
オンロード用の薄手のタイプでも十分に機能します。また、ホームセンター等で作業用手袋や自転車用が非常にリーズナブルで使いやすく、破けてもすぐに買い替えられるのでおすすめです。これに加えて、プロテクターやガード類とジャケットそしてモトクロスパンツは、頑丈で防水タイプの汗をかいても涼しい物を選ぶといいです。アタックツーリングは硬く締まった路面や砂利敷きの滑り易い路面、大小の石や岩が至る所にあり、ぬかるんだ路面に木の枝や倒木等。平ではないところも多く、バイクを安定して走らせることはなかなか難しい、なので転倒する可能性も必然的に高くなり、そのための防具が必要になってきます。道なき道は一度は行ってみたい秘境のバイクロード、そのためには安全と正しい知識そして楽しむ心が必要です。”

雪道をバイクで走る方法

“雪国では都心部では見かけないバイク用のスノータイヤやチェーンが販売されています。しかし使用できるのはスーパーカブやジャイロなど一部の車種に限られますが、チェーンの一部はオフロード車に対応する他特別にお願いして制作してるショップもあります。また125cc以下ならスパイクタイヤが販売されている状況です。
もっともそれらを使用してもただ走ることが可能となるだけで普通にバイクをバンクして曲がることはできません。そのためバイクをバンクさせずに両足をついて曲がるというテクニックをマスターする必要があります。それで最も雪道を走るのに適しているバイクは一見安定しやすそうな大きなバイクではなく50-125ccの軽くて足付きのよいオフロードバイクがいいです。理由は車体をバンクしなくても両足を着きながら曲がることが可能だからです。どうしても排気量の大きなバイクで走るならブロックタイヤをはかしたオフロードタイプに限られるのです。
さらに路面状態により走りやすさは違います。大きく雪が積もったり雪が踏み固まった状態になるとオフロードタイプでないと無理ですし、雪道より怖い凍結路面ではオフロードタイプでも危険を伴いますのでタイヤや雪道の状態をよく見極めたうえで走れると判断した場合でも徹底的にスピードを落とす(時速10キロ程度)必要があるのです。そして停車する時はフロントブレーキではなくエンジンブレーキかリアブレーキを使用します。
最後に雪道を走るのは非常に危険なので十分安全に注意することが必要です。”

モトクロスを始めるときに大切なこと

モトクロスを始めようと考えている人がいますが、まずはそろえなければいけないものがあります。それは競技用のオートバイになります。町で見かけるような公道を走行するようなものではしっかりとした能力を期待することができません。また購入するときには予算も気になりますが、車両価格は排気量に大きく左右されるようになっています。新車で購入する場合には25万円から60万円が相場となっています。予算があまりないという場合でも初心者ではできるだけ新車を購入するようにします。ラフな乗り方をするバイクになるので、中古ではその分リスクが高くなってしまいます。また公道を走ると言うことではないので、自動二輪免許の必要はありません。競技用モトクロスバイクと呼ばれるものは、公道を走ることができません。したがってライトやウインカーなどの保安部品が付けられていません。したがって競技会場などに移動するときにはバイクを運ぶことができるトラックなどが必要になります。このときの基本となるのがハイエースになります。足下から天井部分までしっかりとした高さがあり、後部座席を折りたたむことで荷物を載せるスペースが広くなります。このほかに棒狂いが必要になります。基本的には次のようなものが必要になります。ヘルメットとゴーグル、ボディアーマーや手袋やすね当てになります。このほかにオフロードブーツとオフロードウェアも用意します。これら全てで約15万円から20万円が必要になります。

林道ツーリングやダートの魅力について

オフロードバイクに乗っているという人がいますが、これに乗って林道を楽しく走ることができます。林道ツーリングを楽しんでいるという人もたくさんいますが、バイクでツーリングをするということで転倒がつきものになります。したがって林道ツーリングを行うときにはしっかりと準備をすることが大切になります。オフロードバイクと呼ばれるものでツーリングをすることになりますが、これはでこぼこした道でも走りやすいように大経のホイールや路面からのショックを吸収しやすいように長いストロークを持ったサスペンションを前後に装備しています。このようにしっかりと装備されたバイクでは、基本的にどこにでも行けるようになっています。林道を楽しみながらそのまま目的地を目指すことができるというのは、オフロードバイクの醍醐味の一つとなっています。また未舗装路といわれるダートも走ることができます。そしてこのようなダートを走ったりするツーリングの魅力はなんと言っても自然の景色を楽しむことができるという点です。季節によってさまざまな景色を感じることができるようになっていますが、そのなかでも冬のツーリングの魅力があります。冬は寒いというイメージがありますが、最近では空冷が効果を発揮するので暖機運転をしっかりと行わないと乗れないと言うこともありません。草木が枯れていると言うことで見通しも最高となっています。そして空気が澄んでいると言うことで遠くの景色まで眺めることができるのも大きな魅力です。