モトクロスを始めるときに大切なこと

モトクロスを始めようと考えている人がいますが、まずはそろえなければいけないものがあります。それは競技用のオートバイになります。町で見かけるような公道を走行するようなものではしっかりとした能力を期待することができません。また購入するときには予算も気になりますが、車両価格は排気量に大きく左右されるようになっています。新車で購入する場合には25万円から60万円が相場となっています。予算があまりないという場合でも初心者ではできるだけ新車を購入するようにします。ラフな乗り方をするバイクになるので、中古ではその分リスクが高くなってしまいます。また公道を走ると言うことではないので、自動二輪免許の必要はありません。競技用モトクロスバイクと呼ばれるものは、公道を走ることができません。したがってライトやウインカーなどの保安部品が付けられていません。したがって競技会場などに移動するときにはバイクを運ぶことができるトラックなどが必要になります。このときの基本となるのがハイエースになります。足下から天井部分までしっかりとした高さがあり、後部座席を折りたたむことで荷物を載せるスペースが広くなります。このほかに棒狂いが必要になります。基本的には次のようなものが必要になります。ヘルメットとゴーグル、ボディアーマーや手袋やすね当てになります。このほかにオフロードブーツとオフロードウェアも用意します。これら全てで約15万円から20万円が必要になります。