オフロードバイクのメンテナンスについて

通常の舗装がしてある道路を走るバイクを「ロードバイク」と言います。それに対して、「オフロードバイク」は舗装をしていない道を走るバイクです。アタックツーリングが有名です。道がないところを進んでいくのです。岩場を進むガレ場という遊び方など他にもいくつもあります。どれも、ロードバイクと比べてバイク本体に負担がかかるものばかりです。オフロードバイクのメンテナンスは、とても重要です。ほとんどが、自分で出来るメンテナンスばかりです。また、そのための用品が様々な種類置いてあるショップもあります。オフロードバイクは、乗るだけではなくメンテナンスも楽しめます。様々な物から必要な物を選んでいきます。そして「この世の中に一つしかないバイク」を作り上げていけます。自分らしくカスタマイズすることができるのです。この作業は、実際に「走る」ことと同じくらい楽しいものと愛好家たちは言います。メンテナンスを行えば、部品の寿命が延びるそうです。

高性能バイクであるスーパーカブに対するオフロード化

スーパーカブと申しますとかつては郵便や新聞の配達やそば屋や中華料理店の出前用ご近所の配達車両といったイメージが強かったバイクでありますが、某有名深夜番組では日本列島の縦断やベトナムの縦断といった大スケールな事を成し遂げ、スーパーカブの走行性能の優れた性能を目の当たりにする異なったのです。同番組ではアスファルト舗装されたと市街地の比較的平坦な道路のみならず、酷道と呼ばれる山間部の走行も行っており、街乗り用途に限らず。条件のよくない道路においてもスーパーカブはその高い性能を生かした走りを望める事がわかりこのバイクに対する認識を改めるに至ったのです。先に紹介した例では特にオフロード化改造やチューンナップを施すことなく走行行っていると思われるのでスーパーカブに対して山間部や悪路及び未舗装道路に対する装備を搭載するなどのオフロード化を施せば、オフロード用途にも応用できる可能性があるものと考えられます。

バイクで舗装路を走るメリットは何か

“バイクで舗装路を走るメリットは、たくさんあります。単純なこととしては、タイヤを傷めずに済むという点です。山道を走るとなると、いくら頑丈なタイヤを装備していたとしても、多少は傷をつけてしまいます。そこからタイヤがパンクをしてしまうということも考えられることから、できるだけ、舗装路を走った方が効率的です。
また、道路交通法に乗っ取る意味でも、舗装路を走るメリットはあると言えます。都会で生活をしている人の場合、ほとんどが舗装されている通りを走ることになります。山道を使う機会がないのであれば、都会向けの装備をした方がいいかもしれません。相応のタイヤを装備することによって、より一層、快適にバイクを乗りこなすことができるようになります。
最近は通学や通勤でバイクを利用するという人が増えてきています。都会でこそ、小回りが利きやすいという意味でバイクが重宝するものです。細くてきちんと整備された道を選び、渋滞を回避することもできます。”