雪道をバイクで走る方法

“雪国では都心部では見かけないバイク用のスノータイヤやチェーンが販売されています。しかし使用できるのはスーパーカブやジャイロなど一部の車種に限られますが、チェーンの一部はオフロード車に対応する他特別にお願いして制作してるショップもあります。また125cc以下ならスパイクタイヤが販売されている状況です。
もっともそれらを使用してもただ走ることが可能となるだけで普通にバイクをバンクして曲がることはできません。そのためバイクをバンクさせずに両足をついて曲がるというテクニックをマスターする必要があります。それで最も雪道を走るのに適しているバイクは一見安定しやすそうな大きなバイクではなく50-125ccの軽くて足付きのよいオフロードバイクがいいです。理由は車体をバンクしなくても両足を着きながら曲がることが可能だからです。どうしても排気量の大きなバイクで走るならブロックタイヤをはかしたオフロードタイプに限られるのです。
さらに路面状態により走りやすさは違います。大きく雪が積もったり雪が踏み固まった状態になるとオフロードタイプでないと無理ですし、雪道より怖い凍結路面ではオフロードタイプでも危険を伴いますのでタイヤや雪道の状態をよく見極めたうえで走れると判断した場合でも徹底的にスピードを落とす(時速10キロ程度)必要があるのです。そして停車する時はフロントブレーキではなくエンジンブレーキかリアブレーキを使用します。
最後に雪道を走るのは非常に危険なので十分安全に注意することが必要です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です